光と影のいえ

 

田園風景の広がるのどかな景観の中に建つ白い三角屋根の住宅。窓の大きさや配置を工夫し、四方から入る光に強弱をつけ時間帯で変わる陰影や季節ごとに変わっていく外の色を自然と感じられる空間に仕上げています。内観は、無垢フローリングや塗装壁、コンクリート、天井表しにし住まうごとに味わいの増していく素材を採用。太陽光発電とGVA制震ダンパーも設備導入し、安心して長く暮らしていける住まいになりました。

 

施工場所:愛知県愛西市/2018年

 

建築費合計 2500~3000万円

 

 Photo :ToLoLo studio  

写真は、フリーダムアーキテクツデザイン および ToLoLo studio  よりお借りしております。